close-icon

中小・中堅製造業の成功のカギ: 製番管理完全ガイド

中小・中堅規模の製造業に従事する皆さま、製造の現場で効率化や生産管理をより深化させたいとお考えのあなたに向けたガイドがこちらです。製番管理という言葉を耳にしたことはありませんか?それは製造業における成功のカギを握る要素のひとつです。この完全ガイドでは、製番管理の基本から、その具体的な活用方法、導入のステップやメリット・デメリット、さらにはMRPとの比較や最適な管理方式の選択方法まで、幅広く解説します。あなたのビジネスを次のステージへと導くための情報を手に入れてください。

トライアル導入あり
低コストでライトに始める生産管理システム

どんな現場でも、専任担当の充実のサポート付き!
130以上の豊富な機能で、どんな現場の課題にも手が届きます。

まずは資料ダウンロード(無料) 製品の詳細ページをみる

製番管理の基本: 中小・中堅規模の製造業での知識と活用法

製番管理とは?

製番管理とは、製造業において生産される製品ごとに一意の番号やコードを割り当て、それを元に製品の情報を一元的に管理するシステムのことを指します。中小・中堅規模の製造業においては、製品のトレーサビリティの確保や、生産の効率化、情報の正確性を保つために、この製番管理が非常に重要となります。特に、生産計画や品質管理、在庫管理などの情報をリアルタイムで追跡・把握するための基盤として、製番管理はその役割を果たしています。このようにして、製番管理は製造業の生産システム全体の円滑な運用を支える要となっています。

製番管理の種類

製番管理は、製造業の生産効率や品質管理の鍵となる要素の一つです。これは、各製品や部品に一意の番号やコードを付与することで、生産の流れや在庫状況を正確に管理するシステムを指します。製番管理にはいくつかの主要な種類が存在します。まず、基本的な「シリアル製番」は、連続した番号で製品を識別します。次に「ロット製番」は、同時に生産された一連の製品を一つの番号でまとめて識別する方法です。近年、多くの製造業で導入が進むのが「MRPベースの製番管理」です。これは、MRP(Material Requirements Planning)と連動して、材料や部品の必要量を計算しながら製番を行う方法です。この方式では、生産計画と製番が密接にリンクされ、より効率的な生産活動を実現します。

中小・中堅規模の製造業での具体的な活用例

製造業における製番管理の重要性は、特に中小・中堅規模の企業で際立っています。製番管理を導入したある中堅の機械部品メーカーは、部品の追跡や在庫状況の把握が一元的に行えるようになり、製造コストの削減や納期の短縮に成功しました。また、最近ではリモートワークの普及に伴い、多くの中小企業でも製造の過程や進捗をオンラインで管理・共有する取り組みが増えてきました。製番管理のシステムをクラウド化し、リモートでのアクセスを可能にすることで、製造ラインの現場から離れた場所でも生産状況のモニタリングや指示が行えるようになります。

製番管理の導入: ステップと注意点

導入のステップ

製番管理の導入のステップとして、初めに、現行の生産管理や帳票の取り扱い方法を詳細に調査します。この調査により、どのような製番管理システムが企業のニーズに合致するかの判断材料となります。次に、製番管理のソフトウェアやツールの選定を行います。選定の際は、将来的な拡張性や活用のしやすさを重視するのがポイントです。そして、ソフトウェアの導入後は、実際の生産ラインや帳票に沿ったテストを繰り返し実施します。最後に、全従業員への研修や教育を行い、製番管理を日常業務に取り入れることで、真の効果を享受することができます。

導入時の主な注意点

製番管理の導入は、中小・中堅規模の製造業において、業務の効率化と質の向上を目指す上での重要なステップです。しかし、導入を進める上でいくつかの注意点が必要です。まず、ERPやRPAなどのシステムとの連携を考慮することが不可欠です。製番管理ツールを導入する際、既存のシステムとの互換性やデータ連携のしやすさを確認する必要があります。これにより、業務の連携がスムーズに行われ、二重入力やデータの齟齬を防ぐことができます。また、ツール選定の際は、そのツールが業務の現場に合致しているか、実際の現場の声を取り入れることも大切です。

製番管理のメリットとデメリット: わかりやすい解説

製番管理の主なメリット

製番管理は、中小・中堅規模の製造業にとって、多くのメリットを持つ業務です。まず、受注生産において、製品ごとに一意の製番を割り振ることで、製造工程や出荷時の追跡、品質管理が圧倒的に容易になります。これにより、顧客への迅速な対応や誤出荷のリスクの低減が可能となります。また、製番管理を導入することで、MRP(Material Requirements Planning:資材所要量計画)との連携がスムーズに行えるようになります。MRPを活用することで、材料の調達計画や生産スケジュールの最適化が行いやすくなり、生産効率の向上や在庫の最適化が期待できます。さらに、製番をもとにしたデータの集計や分析が可能となり、製品ごとのコストや利益、品質の傾向を詳細に把握することができます。

製番管理のデメリットとその対処法

製番管理は、効率的な生産活動をサポートする重要な管理手法ですが、その一方でいくつかのデメリットも持ち合わせています。まず、システムの導入や維持にコストがかかる点が挙げられます。特に、独自の製番管理システムを構築する場合、初期投資や継続的なシステム更新のコストが発生します。また、管理業務の複雑化により、担当者への負担が増加する可能性があります。さらに、システムに過度に依存してしまうと、障害やトラブル発生時に生産ラインが停止するリスクが高まることも考慮しなければなりません。 これらのデメリットを乗り越えるための対処法として、以下の点を考慮することが推奨されます。 

 1、システム選定時には、導入コストだけでなく、維持・運用コストもしっかりと評価する。

 2、定期的な教育・研修を行い、管理業務の効率化やスキルアップを図ることで、担当者の負担を減らす。 

 3、システムのバックアップや障害対策を万全にすることで、生産停止のリスクを最小限に抑える。

製番管理とMRP: 効率的な製造プロセスのための比較

製番管理とMRPの主な違い

製番管理とMRP(材料所要量計画)は、製造業における生産管理の2つの主要な手法であり、それぞれ異なる焦点を持っています。製番管理は、製品ごとに一意の番号やコードを割り当てることにより、生産の進捗や在庫の状態をトラックする手法です。これにより、特定の製品や部品の生産状況をリアルタイムで確認することが可能になります。また、各製品の特定の情報や仕様を一元的に管理することもできます。一方、MRPは、製品の生産に必要な材料や部品の数量を計算し、それに基づいて発注計画を立てるシステムです。生産スケジュールや在庫情報に基づいて、どの材料がいつ、どれだけ必要かを算出し、適切なタイミングでの調達をサポートします。要するに、製番管理は「何がどこにあるのか」を中心にした管理手法であり、MRPは「何がいつ必要か」を中心にした計画手法です。

どちらを選択するかの判断基準

製番管理とMRP、どちらを選択するのかは、企業の運営スタイルや求める成果に応じて変わる重要な選択肢です。まず、製番管理は特定の製品や部品の生産状況や在庫をリアルタイムで把握し、一元的に管理することに焦点を当てています。一方、MRPは生産に必要な材料や部品の計画的な調達をサポートすることを目的としています。導入の判断の基準としては、企業の主要な課題が「何がどこにあるのか」の確認にある場合は製番管理が適していると言えます。一方、生産計画や材料調達の最適化が課題となっている場合はMRPが有効です。選択肢を検討する際は、そのツールが持つ機能だけでなく、導入後の運用やコスト面も考慮することで、より適切な判断を下すことができます。

最適な製番管理方式の選択: 効率とコストを考慮したアプローチ

各製番管理方式の特性

各製番管理方式には独特の特性があり、その適用は製造業のスタイルや規模によって異なります。まず、シリアルナンバー方式では、製品ごとに固有の番号が与えられます。これにより、個別の製品を特定し、追跡が可能となります。続いて、バッチ番号方式では、同じ生産ラインで同時に製造された製品群に一つの番号を割り当てる方法です。これにより、生産の一貫性や問題が発生した際の原因追求が容易になります。また、組み合わせ方式では、シリアルナンバーとバッチ番号の両方を組み合わせて利用する方法を指します。これは、製品の個別性と生産の一貫性を同時に追求する場合に適しています。これらの管理方式を選択する際には、製品の特性、生産量、追跡の必要性など、多くの要因を考慮する必要があります。

コスト面での評価

製番管理の導入や運用において、コストを考慮することが必要です。コストを考慮することは、単に経費を抑えるためだけではありません。賢明なコストの評価は、製造業が提供する価値の最大化に繋がります。初期の導入費用や維持費用はもちろんのこと、間接的なコストも検討の対象となります。例えば、特定の製番管理方式によって生産効率が上がり、コストが削減されるケースや、誤った管理方式の選択によって発生する余分なコストなど、様々な角度からの評価が必要となります。コスト面だけでなく、そのコストが生む「価値」も合わせて検討することが大切です。投資額が大きくても、それに見合う価値を製造業にもたらす製番管理方式を選択することで、長期的には経費の削減や生産効率の向上に繋がります。

中小・中堅規模の製造業での最適な選択のポイント

中小・中堅規模の製造業会社における製番管理の選択は、大手企業とは異なるポイントが求められます。まず、業務の規模や複雑性を正確に把握することが重要です。大規模な業務に対応するための高機能なシステムを導入すると、逆に業務の効率化が達成できない場合があります。そのため、自社の業務に合わせて、比較的汎用的な製番管理方式を選択することが望ましいです。汎用的な管理方式は、さまざまな業務形態にフレキシブルに対応可能であり、将来的な業務の拡大や変更にも柔軟に適応することが期待できます。さらに、他社や業界を参考にしつつ、自社の業務や規模を正確に比較して、最も合った製番管理方式を選択することが、中小・中堅規模の製造業会社の競争力向上の鍵となります。

手書きやエクセル管理を
今すぐやめませんか?

機能や特徴などがわかる資料をご用意しています