close-icon
今すぐ無料ダウンロード

まずはスマートF資料を
ダウンロードする

1分で完了。まずは資料をダウンロード。

製造業向け品質管理システム13選!機能や特徴、導入メリット、選び方をまとめて紹介

この記事では、品質管理業務を効率化するために有用なツールの一つである「品質管理システム」について、概要や主な機能、導入メリットや選び方、各社の提供しているサービスの特徴について紹介します。

品質管理は、製造業にとって重要な業務の一つです。品質管理を正しく行い、不良品を発生させないことは、工場全体の生産性を上げるうえで非常に重要です。品質管理システムを導入することで、少ない工数で工場全体の品質・生産性工場を実現できます。

多種多様な品質管理システムがある中で、自社にとってどれが最適なのかわからないという方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

この記事は次のような方におすすめです。

  • 品質管理システムの概要や機能が知りたい
  • 品質管理システムの導入を検討しているが、自社に合ったシステムが分からない
  • どのように品質管理システムを選べばいいか分からない
  • 具体的なシステムごとの特徴や費用が知りたい

品質管理システムとは

生産管理フロー

品質管理システム(Quality Management System、QMS)とは、製造業において製品やサービスの品質を効果的、かつ効率的に向上させるためのシステムです。このシステムは、製品の検査結果や品質に関わるデータを効率的に収集、管理し、品質基準に合致した製品を製造することを目的としています。QMSは品質を一定に保つだけでなく、継続的な品質管理手法の改善を行い、市場の変化に合わせて柔軟に対応できる仕組みが重要です。

製造業の品質管理の課題

品質管理システムでは、製造業の品質管理における次のような課題を解決できます。

不良品のチェック漏れやミスが発生する

製造業では、人の目による検査が一般的ですが、ヒューマンエラーによるチェック漏れやミスが発生することがあります。特に繰り返し作業では、作業者の疲労や注意力の散漫が原因でミス発生のリスクが高まります。

不良発生の要因が特定できない

製造工程中に発生した不良品の原因を特定することは、品質改善において、再発防止の観点から非常に重要です。しかし、多くの場合、要因特定が難しく、同じ問題が繰り返されることがあります。これは、検査工程や材料、または作業員のミスなど、さまざまな要因によるもので、適切なデータと分析ツールがないと原因の特定が困難という理由があります。

データが管理できていない

製造業では、検査工程で画像や数値などの大量のデータが生成されますが、これを効率的に管理し活用することが品質管理における課題となっています。データの項目が統一されておらず、収集後の整理・分析が適切に行われない場合、品質向上のための改善策の検討や改善後の効果測定が難しくなります。

品質管理システムの機能

製造業の品質管理システムには主に次のような機能があります。

検査データ登録

製品の検査結果をデータとしてシステムに登録し、管理・分析可能な形で保存します。手書きや手動入力による記録漏れやミスを減らし、検査状況をリアルタイムで把握することができます。

合否判定

製品の検査結果に基づいて、合格か不合格かを自動的に判定します。規定された基準に従って自動判定することで、判定ミスを防ぎ、品質基準を統一することができます。

承認機能

品質に関するデータや結果を承認するための機能で、段階的な承認プロセスを管理し、不正な操作やデータ改ざんを防止します。承認の履歴も記録されるため、改ざん防止にも役立ちます。

検査成績表発行

検査の結果や詳細情報をまとめた検査成績表を自動生成します。検査成績表には製品の仕様を確認するための必要な情報が網羅されており、品質を証明するための文書として社内外で利用できます。

管理図作成

生産プロセスの安定性や品質のばらつきを可視化するための管理図を作成します。管理図によって、異常の早期発見や傾向の把握が可能となり、検査工程の改善に役立ちます。

マスタ管理

検査や品質管理の基準、製品の仕様などのマスタデータを一元管理します。マスタデータをシステムに集約することで、品質管理の標準化と効率化が図れます。

品質管理システム導入のメリット

品質管理システムを導入することにより次のようなメリットが期待できます。

品質の信頼性向上

品質管理システムを導入することで、製品の品質が一定の基準以上を保持できるようになります。システムによる一貫した検査と評価は、不良率の低減に直結し、製品の信頼性を大幅に向上させることができます。これは、顧客の満足度を高めるだけでなく、ブランドの評価を保つ上でも重要です。

データ改ざんの防止

デジタル化された品質管理システムは、データの改ざんや不正アクセスを防ぐセキュリティ機能を備えています。これにより、製造過程でのデータの信頼性が保たれ、内部監査などの報告において正確な情報を提供できます。

検査の属人化を防止

品質管理システムにより検査工程を標準化し、個人に依存することなく一貫した品質管理ができます。これにより、ヒューマンエラーを減少させ、製品の品質が個々の技術者や検査員のスキルに依存されなくなります。さらに、教育訓練のコストを低減させることができ、人件費削減につながります。

品質管理業務の効率化

品質管理システムは、検査データの自動収集や分析、レポートの生成を行うことで、手作業でのデータ処理の時間を大幅に削減します。これにより、品質管理部門の業務の効率化が図れます。

品質管理システムを選ぶ時の注意点

品質管理システムを選定する際には次のような点に注意が必要です。

自社に合っているか

品質管理システムを選ぶ際、最も重要なのは自社の品質管理プロセスに合致しているかどうかです。システムが備えている機能と、自社の製造プロセスや品質管理の目標が一致しているかを確認しましょう。また、作業者がシステムを理解しやすく、使いやすいインターフェースであることも重要です。システムが複雑であればあるほど、導入後に使いこなせるまで時間がかかります。

既存システムと連携できるか

導入予定の品質管理システムが、既存のITシステムとスムーズに連携できるかどうかも重要です。システム間の互換性が高ければ、データの一元化が実施でき、全体的な運営効率が向上します。逆に、連携が難しいシステムを選択すると、追加のカスタマイズや調整が必要となり、コストと時間がかかる可能性があります。

カスタマイズ性、拡張性はあるか

品質管理システムが将来の事業拡大や変化する市場の要求に応じて拡張やカスタマイズが可能かどうかも考慮する必要があります。拡張性が高いシステムを選択することで、将来的に新しい機能を追加したり、増加するデータを追加で管理することができます。

サポート体制

システムの導入後も、継続的なサポートやアップデートが提供されるかどうかは重要です。一度導入すると長く運用するシステムのため、サービスを提供している企業のサポート体制がどのようになっているか事前に確認する必要があります。

品質管理システムの選び方

品質管理システムを選定する際は次のような手順になります。

業務フローをまとめる

まずは、品質管理における自社の業務フローを詳細にまとめます。各工程の流れ、使用する材料、機械、必要な検査項目を明確にし、これらの情報をもとにシステムが対応する必要がある機能を特定します。業務フローを明確化することで、システムに求められる機能が特定でき、適切な品質管理システムを選定できます。

現場の課題を明確にする

品質管理システムを導入する目的は、現場の具体的な課題を解決することにあります。生産ラインで頻発する品質問題、時間がかかっている工程、高い不良率など、現場の声を集めて課題をリスト化することが重要です。これらの課題を明確にすることで、システム選定時に具体的な改善点が明確となり、導入後の効果検証にも利用できます。

システムを選定する

これらの情報を元にシステムを選定します。業務フローの分析と現場の課題を基に、必要な機能を備えたシステムを選ぶことが重要です。まずは、品質管理システムの導入により解消したい課題をベンダーに伝え、デモの試用を通じて、課題が解消できるシステムか検証します。

品質管理システム13選

ここでは各社から提供されている品質管理システムについて、特徴や費用についてまとめて紹介します。それぞれの強みが異なるので、自社に適したサービスの検討にご利用ください。

※ 掲載の内容には一部古い情報が記載されている可能性があります。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スマートF

商品名スマートF
ベンダー株式会社ネクスタ
特徴・強み・バーコードとハンディ端末による品
・質管理豊富な機能と今後の拡張性
・品番ごとの検査設定
・検査成績表の発行
・外部システム連携
導入実績200社以上(中小・中堅~大手まで、企業規模・業種問わず幅広く実績あり)
初期費用相場初期費用 30万円~、月額4.8万円~
導入方法クラウド型
備考導入コンサルティング付きのトライアルを利用可能

スマートFは、製造業向けの生産管理システムで、バーコード管理で簡単に品質管理ができます。原料受入検査、工程内検査、製品検査記録、ロット管理、期限管理などの機能を備え、効率的な品質管理を支援します。導入支援付きのトライアルで試してみてから、本格導入を検討することも可能です。

「スマートF」の公式ホームページを見る

QC-One

商品名QC-One
ベンダー株式会社宇部情報システム
特徴・強み・検査データの承認機能と変更履歴管理
・検査装置からの直接データ取込と成績表自動生成
・検査データのシステム管理と基幹システム連携
導入実績食品加工、化学工業など
初期費用相場初期費用 30万円~、月額4.8万円~
導入方法5万円/月~(クラウド型)
備考オンプレミス型、クラウド型

QC-Oneは、検査データの改ざん防止、自動データ取り込み、一元管理を特徴とする品質管理システムです。検査データの承認機能と変更履歴管理によりデータの信頼性を確保し、検査装置から直接データを取り込み、成績表や管理図を自動生成します。また、カスタマイズ対応により、企業のニーズに合わせた柔軟なシステム構築が可能です。シンプルな構成で高いコストパフォーマンスが強みです。

「QC-One」の公式ホームページを見る

HYPERSOL QMS 品質管理システム

商品名HYPERSOL QMS 品質管理システム
ベンダー三菱電機ITソリューションズ株式会社
特徴・強み・検査結果の自動入力と蓄積
・各種検査装置との連携、検査報告書の自動生成
・ニーズに応じたテンプレートやレイアウト変更可能
・データ改ざん防止、細かな権限設定
導入実績土屋鞄製造所など
初期費用相場お問合せ
導入方法オンプレミス型
備考トライアル版あり

HYPERSOLは、検査データの効率的な収集、解析、管理を支援するツールです。データの一元管理により、品質検査の効率化と正確性を向上させます。SPC(統計的工程管理)や異常検知、自動化された検査報告書作成など、様々な機能があり、企業の品質管理業務を効率化します。システムはカスタマイズ可能で、セキュリティ機能も充実しています。

「HYPERSOL QMS 品質管理システム」の公式ホームページを見る

Lab-Aid

商品名Lab-Aid
ベンダー横河電機株式会社
特徴・強み・ラボの作業プロセスの最適化
・データ収集・管理: 実験データの一元管理
・レポート作成: 自動レポート生成
・直感的なインターフェース
導入実績横河電機株式会社
初期費用相場お問合せ
導入方法オンプレミス型
備考

横河電機のLab-Aidは、ラボの作業プロセスを最適化し、品質管理を支援するシステムです。データの一元管理と自動レポート生成機能により、効率的な品質管理が可能です。リアルタイムモニタリングやユーザーフレンドリーなインターフェースを備え、企業の特定のニーズに合わせたカスタマイズも可能です。

「Lab-Aid」の公式ホームページを見る

mcframe RAKU-PAD

商品名mcframe RAKU-PAD
ベンダービジネスエンジニアリング株式会社
特徴・強み・紙の帳票をタブレットで簡単入力
・入力データをリアルタイムで可視化
・データを簡単に分析し、グラフ作成
・自動通知と情報共有機能
導入実績化学、機械加工など
初期費用相場お問合せ
導入方法
備考

mcframe RAKU-PADは、製造現場の帳票をデジタル化し、タブレットで簡単にデータを入力・管理できるシステムです。データをリアルタイムで可視化し、簡単に分析・グラフ作成が可能です。SPC機能を搭載し、自動通知と情報共有機能によりタイムリーな対応が可能です。

「mcframe RAKU-PAD」の公式ホームページを見る

NAVINECTエッジ「品質管理」パッケージ

商品名NAVINECTエッジ「品質管理」パッケージ
ベンダーTOPPANホールディングス株式会社
特徴・強み・不良品の発生を未然に防止
・変更履歴の確認と改ざん防止
・製品の製造履歴の一元管理
・異常傾向の迅速な検知と対応
導入実績医薬品、精密機器、段ボール業界など
初期費用相場お問合せ
導入方法
備考導入コンサルティング付きのトライアルを利用可能

NAVINECTの品質管理パッケージは、SPC(統計的工程管理)を活用し、製造現場の品質管理レベルを向上させます。また。個体のトレーサビリティにより異常発生時の迅速な対応が可能です。リアルタイムでのデータ監視とカスタマイズ可能な設定により、企業のニーズに対応した柔軟な品質管理が可能です。

「NAVINECTエッジ「品質管理」パッケージ」の公式ホームページを見る

TIBCO Spotfire

商品名TIBCO Spotfire
ベンダーNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
特徴・強み・インタラクティブなデータ可視化と分析
・拡張フレームワークでアプリを構築
・パターン検出とガイダンス提供
・ライブデータと過去データの同時分析
導入実績半導体、通信、食品など
初期費用相場問い合わせ
導入方法
備考

Spotfireは、TIBCOが提供するビジュアル分析ツールで、データの可視化、カスタムアプリ構築、AIとデータサイエンスの活用、リアルタイム分析、ジオアナリティクス、データ前処理などの機能があります。インタラクティブなダッシュボードと直感的な操作性で、企業のデータ活用を支援します。

「TIBCO Spotfire」の公式ホームページを見る

統計解析パッケージ〈JUSE-StatWorks〉シリーズ

商品名統計解析パッケージ〈JUSE-StatWorks〉シリーズ
ベンダー株式会社日本科学技術研修所
特徴・強み・多変量連関図、解析アドバイス機能
・企業ニーズに応じた柔軟な設定
・解析結果の一括管理、クリップシート機能
導入実績製薬、製剤業界など
初期費用相場お問合せ
導入方法オンプレミス型
備考

JUSE-StatWorks/V4.0は、製造業向けの総合的な統計解析・品質管理ツールです。多変量連関図やQC七つ道具、新QC七つ道具などを活用し、データ解析や品質管理を効率化します。設計・開発支援機能も充実しており、企業の品質改善や業務改革をサポートします。柔軟なカスタマイズとクリップシート機能で、プレゼンテーションや報告書作成も容易です。

「統計解析パッケージ〈JUSE-StatWorks〉シリーズ」の公式ホームページを見る

カミナシ

商品名カミナシ
ベンダー株式会社カミナシ
特徴・強み・紙の帳票をタブレットで電子化
・アプリが正しい作業手順をナビゲート
・外国語対応のチェックリストとマニュアル
・データを自動で集計し報告書を生成
導入実績製造業、ホテル、飲食店など
初期費用相場お問合せ
導入方法クラウド型
備考

カミナシは、現場の帳票を電子化し、タブレットでの入力・管理を可能にするクラウド型アプリです。アプリが作業手順をナビゲートし、多言語対応で外国人スタッフのサポートも行います。リアルタイムでの進捗管理とデータの自動集計により、効率的な作業と品質管理を実現します。現場の改善活動を支援し、業務の効率化に貢献します。

「カミナシ」の公式ホームページを見る

Ez-Collect

商品名Ez-Collect
ベンダー株式会社テクノア
特徴・強み・作業実績や検査結果をタッチパネルで簡単登録
・データのリアルタイム管理と確認
・生産管理システムや生産スケジューラとの連携
・帳票や成績書をExcel形式で出力
導入実績
初期費用相場お問合せ
導入方法オンプレミス型
備考

Ez-Collectは、製造現場での作業実績や検査結果をデジタル化するシステムです。タッチパネルを使用した簡単な入力とリアルタイムでのデータ管理が可能で、生産性の向上を支援します。また、生産管理システムやスケジューラと連携し、効率的なデータ管理を実現します。Excel出力やカスタマイズ対応も特徴です。

「Ez-Collect」の公式ホームページを見る

Mr.Manmos Sora

商品名Mr.Manmos Sora
ベンダー株式会社アサカ理研
特徴・強み・手書き作業の廃止
・ヒューマンエラーの防止
・データ改ざんの防止検査データの一元管理
・品質管理の精度向上
導入実績部品メーカー、非鉄金属メーカーなど
初期費用相場
導入方法オンプレミス型
備考

「Mr.Manmos」は、検査業務に必要な機能を備えた検査データ管理ソフトです。測定器からのデータ自動取り込み、検査表出力、改ざん防止、データ活用などをサポートします。手書きや手入力の作業をゼロにし、ヒューマンエラーを防ぎます。データの一元管理と改ざん防止機能により、品質管理の精度を向上させます。

「Mr.Manmos Sora」の公式ホームページを見る

Expert LiMS

商品名Expert LiMS
ベンダー株式会社朋電舎
特徴・強み・メイン業務の標準化と促進
・品質管理業務の一元管理
・充実の保証データ
・安定性試験と分析機器の管理
・参考品・安定性試験品の管理
導入実績医薬品メーカーなど
初期費用相場お問合せ
導入方法オンプレミス型
備考

「Expert LiMS」は、医薬品、化粧品、化学品製造業向けの品質管理システムです。理化学試験や外観試験などの品質試験業務を標準化し、管理業務を一元化します。安定性試験、分析機器の管理、参考品や安定性試験品の管理もサポートします。

「Expert LiMS」の公式ホームページを見る

Smart Craft

商品名Smart Craft
ベンダー株式会社Smart Craft
特徴・強み・帳票のペーパレス化
・正確な生産実績の記録
・リアルタイム進捗確認
・データ活用によるカイゼン活動促進
・複数OS・マルチデバイス対応
導入実績医療機器メーカーなど
初期費用相場お問合せ
導入方法
備考

「Smart Craft」は、製造現場DXを支援するクラウドサービスです。帳票のペーパレス化、正確な生産実績の記録、リアルタイムでの進捗確認、データ活用によるカイゼン活動の促進を特徴としています。低コスト・短期間で導入でき、複数のOSやデバイスに対応しています。設定による柔軟なカスタマイズも可能で、製造現場の効率向上を実現します。

「Smart Craft」の公式ホームページを見る

22種類の生産管理システムをランキングで比較

初期費用相場や選び方のポイントをチェック

生産管理システムをそれぞれの特徴や初期費用相場などで比較したい場合は、「生産管理システムランキング」も是非ご覧ください。生産管理システムは、自社の製品・生産方式・企業規模などに適したものを導入しないと、得られるメリットが限定されてしまいます。事前適合性チェックや生産管理システムを選ぶ前に押さえておきたいポイントも解説していますので、製品選びの参考にしてみてください。

生産管理システムのランキング22選!機能や特徴、導入メリット、選び方をまとめてご紹介

スマートFの成功事例

自社の課題が複雑で本当に解決できるのか?不安ではありませんか?
スマートFは様々な業界での成功事例があります。現場改善のプロが運用定着までコミットします。

導入検討中でより詳しい機能を知りたい方はこちら
資料をダウンロード(無料)

手書きやエクセル管理を
今すぐやめませんか?

機能や特徴などがわかる資料をご用意しています