close-icon

工場の生産管理とは?成功へのステップを徹底ガイド

製造業の中核となる「生産管理」。これは単なる業務手続きやタスクの一つではありません。工場の効率、品質、そして最終的な製品の成功に直結するキーとなる要素です。本ガイド「工場の生産管理徹底ガイド:成功へのステップ」では、生産管理の基本から具体的な仕事内容、必要とされる資格、そして成功するためのポイントまで、幅広く詳しく解説しています。中小・中堅規模の製造業を営む皆様にとって、生産管理のノウハウを一歩先に進めるための参考資料としてお役立てください。工場の現場での課題や難点を克服し、更なる成長への道を歩む手助けとなることを願っています。

トライアル導入あり
低コストでライトに始める生産管理システム

どんな現場でも、専任担当の充実のサポート付き!
130以上の豊富な機能で、どんな現場の課題にも手が届きます。

まずは資料ダウンロード(無料) 製品の詳細ページをみる

工場における「生産管理とは」:基本概念の解説

生産管理の定義

生産管理とは、製造業において、計画から実行、そして評価までの一連の工程を統一的に「管理」する活動を指します。この管理活動は、生産の効率化や品質の維持・向上を目的として行われます。生産管理は、適切な「システム」のもとで、各種のリソースを最適に活用することで、生産の安定化や生産コストの削減を実現するものです。工場の日常業務におけるさまざまな「課題」に対応するための手法や方法論も、この生産管理の枠組みの中で研究・導入されています。簡潔に言えば、生産管理は工場の心臓部とも言える重要な機能であり、その適切な実施によって、企業の競争力の向上が期待されます。

生産管理の重要性とその役割

生産管理は、製造業において絶対に欠かせない要素として位置づけられています。その最大の理由は、生産管理が「生産」の効率性と「品質」の維持・向上のキーとなるからです。管理することで、生産ラインの無駄を排除し、計画通りの生産を実現することが可能となります。また、適切な生産「システム」の導入・運用を通じて、常に高い品質の製品を供給し続けることができる。これにより、企業は市場での競争力を保持・向上させることが期待されます。さらに、生産管理はリソースの最適化や納期の厳守といった製造業における様々な課題に対する解決策を提供する役割も果たします。要するに、生産管理は工場のオペレーションをスムーズに進行させ、顧客への約束を守り、信頼を獲得するための重要な機能となっています。

工場における生産管理の具体的な仕事内容

日常のタスクと業務フロー

生産管理の担当者としての日常業務は、工場の生産プロセス全体をスムーズに進行させるためのキータスクを数多く抱えています。初めに、日々の生産計画を「作成」し、必要な資源や材料を確保することが必要です。この計画作成は、生産の「フロー」や、製品ごとの製造工程を明確にし、各工程の効率性を最大化するための基盤となります。また、生産ライン上での各工程の進行状況を常にモニタリングし、必要に応じて調整を行う「業務」も重要です。例えば、ある工程が遅れている場合、後続の工程に影響を及ぼさないよう速やかな対応が求められます。このような業務フローの管理は、生産量の増減や突発的なトラブルへの迅速な対応が可能となり、全体の生産「プロセス」を安定して運用する上で不可欠です。生産管理者は、常に変動する現場の状況に適切に対応しつつ、計画通りの生産を実現するための日常業務を遂行しています。

重要な業務のハイライトとその詳細

生産管理の中核を成す重要な業務のひとつは、各「プロジェクト」の進捗管理とその最適化です。具体的には、生産ライン上での作業の進行状況や生産数量、品質管理などの「情報」を時系列で収集・整理し、「進捗報告」を定期的に行います。また、最適な生産フローを維持・向上させるために、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)と連携を取りながら、情報の共有や調整を行うことも不可欠です。PMOはプロジェクト全体の監視やサポートを行い、生産管理と協力してリスクの早期発見や対策の提案を行う役割を持っています。これらの業務は、工場の生産効率や品質を維持・向上させる上でのキーポイントとなります。生産管理者は、常に最新の情報をもとに迅速な判断を下し、多岐にわたる業務を遂行しています。そのため、正確な情報収集とそれを活用した戦略的な判断が、成功の鍵となります。

「生産管理に向いてる人」の特質と成功するためのポイント

生産管理に求められる人間性やスキル

生産管理の中核を成す重要な業務のひとつは、各「プロジェクト」の進捗管理とその最適化です。具体的には、生産ライン上での作業の進行状況や生産数量、品質管理などの「情報」を時系列で収集・整理し、「進捗報告」を定期的に行います。また、最適な生産フローを維持・向上させるために、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)と連携を取りながら、情報の共有や調整を行うことも不可欠です。PMOはプロジェクト全体の監視やサポートを行い、生産管理と協力してリスクの早期発見や対策の提案を行う役割を持っています。これらの業務は、工場の生産効率や品質を維持・向上させる上でのキーポイントとなります。生産管理者は、常に最新の情報をもとに迅速な判断を下し、多岐にわたる業務を遂行しています。そのため、正確な情報収集とそれを活用した戦略的な判断が、成功の鍵となります。

成功するための具体的な行動と方法

成功するためには、生産管理だけでなく「経営」の視点も持つことが重要です。具体的な行動としては、定期的に経営戦略のレビューを行い、生産管理の方針を経営戦略に合わせて調整することが求められます。また、業界の最新動向や技術の変化に常に敏感であることも大切です。最先端の情報をキャッチするために、セミナーや研修、または「グロービス大学院」のような経営大学院での学びを積極的に取り入れることもおすすめです。さらに、生産現場の実情を直接把握し、経営層と現場のギャップを埋める役割も果たすことが期待されます。これにより、経営戦略と生産現場の一貫性を保ち、より効率的かつ効果的な生産管理を実現することができるでしょう。

生産管理を担当するための「必要資格」とは?

必要とされる資格の一覧

生産管理のプロフェッショナルとして活躍するためには、専門的な知識やスキルが必要不可欠です。そのため、多くの製造業会社では、特定の「資格」を持っていることを求めることが増えてきました。この資格は、生産や管理の専門性を証明し、業界内での信頼性や権威を示すものです。一般的に、生産技術者、生産管理士、品質管理士など、様々な資格が存在します。これらの資格を取得することで、専門家としての地位を確立し、より高度な業務に従事するチャンスも広がります。今後のキャリアを考える中で、どの資格を目指すかは、自身の興味や将来の方向性によって決めると良いでしょう。

各資格の取得方法とその重要性

生産管理の現場では、FIM (Factory Information Management) システムの導入や更新、手順書の整備、人材育成など、多岐にわたる課題が日々発生します。特に中小・中堅規模の製造業会社では、最新のFIMシステムを取り入れることが難しい場合があり、従来の手法に頼らざるを得ない状況が続いていることも少なくありません。手順書の整備や更新も、生産の変動や新しい技術の導入に伴い、常に追いつく形となることが課題となっています。また、専門的な知識や技能を持った人材の確保と育成も大きな難点として挙げられます。新しい技術や手法を取り入れるためには、それを理解し、実践できる人材が不可欠です。しかし、経験豊富な人材の流出や専門知識を持つ新人の確保が難しい現状が、生産管理の品質や効率の向上を阻害していることも少なくありません。

それらの課題を乗り越えるための具体的な方法

生産管理の課題を乗り越えるためには、まず現場の声をしっかりと聴き、具体的な解決策を策定することが重要です。多くの製造業会社では、新しい技術や手法を導入する際の最大のハードルとなるのが人材の問題です。この点に注目し、人材の育成と継続的な教育を重視することで、持続的な生産管理の向上を実現することができます。具体的には、中堅・中小企業でも取り組むことができる人材育成プログラムの導入や、経験豊富な社員と新入社員とのメンタリング制度の構築が考えられます。また、外部の専門家や研修機関と連携し、定期的な研修やセミナーを実施することで、最新の情報や技術を社内に取り入れ、課題解決に取り組む体制を強化することも効果的です。人材のスキルや知識を高めることで、生産管理の課題に柔軟かつ効果的に対応することが可能となります。

生産方式の選定と効率化の改善ポイント

 

主要な生産方式の概要

工場における生産管理の基本となるのは、適切な生産方式の選定です。生産方式は、製品の種類や生産量、需要の変動などに応じて変わり、その選定は生産の効率やコスト、納期管理などに大きく影響します。主要な生産方式としては、一般に「一貫生産」、「ロット生産」、「ジョブ生産」などが挙げられます。一貫生産は、大量に同じ製品を生産する際に適しており、設備や工程を特定の製品に特化させることで効率的に生産を進めることができます。対照的に、ジョブ生産は個別の顧客の要求に応じた製品を少量生産する方式で、柔軟性が求められます。ロット生産は、これらの中間に位置し、ある程度の量を一括して生産します。各生産方式にはそれぞれの特徴と適用されるシチュエーションがあり、適切な方式を選定し管理することが、生産管理の成功へと繋がります。

効率的な生産を目指すための改善のポイント

工場における生産性の向上は、製造業において最も重要な課題の一つと言えます。まず、業務の流れを明確にし、無駄な動きやタスクを排除することで、基本的な効率化を図ることが求められます。また、業務の各段階での作業時間を計測し、遅延の原因やボトルネックを特定することで、具体的な改善策を策定することができます。加えて、最新の技術や機器を導入することも、生産性の向上には欠かせません。しかし、単に機器を更新するだけでは十分な効果は得られないことも。機器の選定や導入後の運用方法、そしてスタッフの教育・トレーニングが効率化の鍵となります。継続的な見直しと改善の取り組みを行うことで、真の生産性向上と効率化を実現することが可能となります。

22種類の生産管理システムをランキングで比較

初期費用相場や選び方のポイントをチェック

生産管理システムをそれぞれの特徴や初期費用相場などで比較したい場合は、「生産管理システムランキング」も是非ご覧ください。生産管理システムは、自社の製品・生産方式・企業規模などに適したものを導入しないと、得られるメリットが限定されてしまいます。事前適合性チェックや生産管理システムを選ぶ前に押さえておきたいポイントも解説していますので、製品選びの参考にしてみてください。

生産管理システムのランキング22選!機能や特徴、導入メリット、選び方をまとめてご紹介

スマートFの成功事例

自社の課題が複雑で本当に解決できるのか?不安ではありませんか?
スマートFは様々な業界での成功事例があります。現場改善のプロが運用定着までコミットします。

導入検討中でより詳しい機能を知りたい方はこちら
資料をダウンロード(無料)

手書きやエクセル管理を
今すぐやめませんか?

機能や特徴などがわかる資料をご用意しています