PC:受入検品で以下の改善を実施しました。

・「発注No」の項目を追加し、入力した発注Noと紐づく情報を仕入先と入荷予定一覧に表示する

・「担当者」に入力された担当者の所属する拠点の入荷予定情報だけを、入荷予定一覧に表示する

・「仕入先」に入力された仕入先からの入荷予定情報だけを、入荷予定一覧に表示する

・入荷予定一覧の並び順を、納期が古い順、発注日が古い順に変更

・画面右の入力項目を以下の通り変更
 伝票日付、エリア、入庫日Lot、メーカLot、有効期限、単価、金額、入数、箱数、数量、発行枚数、確定

・「エリア」には、「担当者」の所属する拠点のエリアのみを選択肢として表示する

・「担当者」の所属する拠点で「受入エリア」の設定がある場合に、「エリア」のデフォルトとして表示する

・「伝票日付」にはデフォルトで当日の日付が表示され、変更もできるようにする

・「品番」を選択したときに、その品番の入数がマスタで登録されていた場合は、その値を「入数」に表示する *変更も可能

・「品番」を選択したときに、その品番の残数が「数量」に表示される *変更も可能

・「箱数」を入力した場合、「入数×箱数」の値を「数量」に反映する

・「ロット」の値は、PC:システム設定の全体タブにある設定に応じてデフォルトの値を変更する
 ロット入力する:伝票日付をロットに設定する
 ロット入力なし:ロットを空に設定する
 ロット値固定:設定した値をロットに設定する

・「有効期限」は、品番マスタで有効期間が設定されている場合に「伝票日付+有効期間」で計算して自動で設定する

・「発行枚数」は、PC:システム設定の在庫機能タブにあるラベル発行の設定に合わせて設定される *変更も可能