製造業

この記事では、製造業での生産管理システムをお探しの担当者の方に、製造業の現場でよくある課題・要望、生産管理システムを導入した場合の業種別解決事例、製造業での生産管理システム導入で失敗しないポイントをお伝えします。

製造業の生産管理システム導入前によくある課題・要望

課題

ここでは、製造業の現場に生産管理システムを導入したいと考えている担当者の方が抱えている、よくある課題と要望を挙げてみます。一般的に下記のことが挙げられます。

  • 棚卸の作業に時間がかかる
  • 紙ベースの棚表が多い
  • 入出庫時の計算ミスが起きている
  • 指示書と製品ラベルを1つ1つ目視で確認しているため時間がかかる
  • 目視確認による出荷ミスが発生する可能性がある
  • エクセル管理による手書き・手入力の手間がかかる
  • 先入先出ミスによる原料廃棄
  • 在庫の管理がアバウト
  • 部品の適正在庫がわからず、過剰在庫や在庫切れが頻繁に起きる
  • 部品の在庫確認・発注に時間がかかりミスも生じている
  • 目視確認による出荷ミスが月に7~8回発生している
  • 出荷前に2人1組で出荷伝票と製品が合っているか照合する手間をなくしたい
  • 入出庫のルール作りができていない
  • 紙への入力漏れ/入力ミスなどで正確な在庫管理ができていない
  • 紙への手書き・本社への持っていく手間をなくしたい
  • 紙の記録も徹底できていないので、伝票と合わない時に誰がどこで記録を間違ったかのトレースができない
  • 固定資産の棚卸を行っておらず資産状態を把握できていない
  • 無駄な固定資産税の出費を抑えたい

これらの課題や要望は、製造業の業種によっても変わります。次に、生産管理システムを導入することによって、製造業の課題がどのように解決されたかを、実際の事例を見ながら紹介します。

業種別成功事例|生産管理システムの製造業導入

解決事例

ここでは、生産管理システム「SmartF」の例をとって、製造業への様々な業種別導入事例を紹介します。

医療機器分野の製造業事例

(導入前の課題)

  • 棚卸の作業に時間がかかる
  • 紙ベースの棚表が多い
  • 入出庫時の計算ミスが起きている

(導入後の効果)

  • 月末の棚卸時間が削減。最大約50%の時間削減
  • ペーパーレス化を行い作業時間を短縮
  • ハンディ端末の導入で計算の自動化・ミスがなくなる

→ 医療機器分野の製造業現場でのSmartF導入事例を見る

食品分野の製造業事例

(導入前の課題)

  • 指示書と製品ラベルを1つ1つ目視で確認しているため時間がかかる
  • 目視確認による出荷ミスが発生する可能性がある

(導入後の効果)

  • ハンディ端末を用いた照合検品で、目視確認の手間/工数を削減
  • 目視確認ミスによる出荷ミスの可能性が激減
  • 照合実績のラベル発行により、手書きの手間を削減

→ 食品分野の製造業現場でのSmartF導入事例を見る

医薬品分野の製造業事例

(導入前の課題)

  • エクセル管理による手書き・手入力の手間
  • 先入先出ミスによる原料廃棄

(導入後の効果)

  • 紙帳票への手書き・エクセルへの転記の手間を削減
  • 管理者が原料在庫や作業履歴をリアルタイムで確認可能

→ 医薬品分野の製造業現場でのSmartF導入事例を見る

自動車分野の製造業事例

(導入前の課題)

  • 在庫の管理がアバウト
  • 部品の適正在庫がわからず、過剰在庫や在庫切れが頻繁に起きる
  • 部品の在庫確認・発注に時間がかかりミスも生じている

(導入後の効果)

  • 保守部品の過剰在庫を約120万円分削減できた(今後さらに効果が期待できる)
  • ハンディ端末を使用することで、作業者が部品を手配する工数と発注ミスを削減できた

→ 自動車分野の製造業現場でのSmartF導入事例を見る

物流倉庫/3PL/卸分野の製造業事例

(導入前の課題)

  • 目視確認による出荷ミスが月に7~8回発生している
  • 出荷前に2人1組で出荷伝票と製品が合っているか照合する手間をなくしたい

(導入後の効果)

  • ハンディ端末を用いた出荷検品で、目視確認による出荷ミスを削減
  • 出荷前の2人1組での確認の手間がなくなり、作業効率が大幅に上昇

→ 物流倉庫/3PL/卸分野の製造業現場でのSmartF導入事例を見る

組立部品分野の製造業事例

(導入前の課題)

  • 入出庫のルール作りができていない
  • 紙への入力漏れ/入力ミスなどで正確な在庫管理ができていない
  • 紙への手書き・本社への持っていく手間をなくしたい
  • 紙の記録も徹底できていないので、伝票と合わない時に誰がどこで記録を間違ったかのトレースができない

(導入後の効果)

  • 入出庫のルールを統一できた
  • いつ誰が何を間違えたかすぐわかる
  • 紙への入力・本社へ持っていく手間を80%削減
  • 簡単に入出荷の記録をとることができる

→ 組立部品分野の製造業現場でのSmartF導入事例を見る

化粧品/化学薬品分野の製造業事例

(導入前の課題)

  • 固定資産の棚卸を行っておらず資産状態を把握できていない
  • 無駄な固定資産税の出費を抑えたい

(導入後の効果)

  • すべての固定資産の状態を正確に把握することができる
  • 幽霊資産が見つかり無駄な固定資産税の出費を抑えることにつながる

→ 化粧品/化学薬品分野の製造業現場でのSmartF導入事例を見る

製造業への生産管理システム導入で失敗しないためのポイント

ポイント

製造業の現場に生産管理システムを導入する場合に気を付けるポイントは以下です。

  • 製造現場の課題を明確にする
  • 一気に多くの製造現場に導入しようしない
  • 生産管理システム開発会社の実績を確認する

1.製造現場の課題を明確にする

まずは現時点での貴社の製造現場での課題を明確にしましょう。

「何が現場で課題なのか?」

「何を実現したいのか?」

を明確にしてから、生産管理システムの導入を考えます。

  • 棚卸の作業に時間がかかる
  • 紙ベースの棚表が多い
  • 入出庫時の計算ミスが起きている
  • 在庫の管理がアバウト
  • 適正在庫がわからず、過剰在庫や在庫切れが頻繁に起きる
  • 在庫確認・発注に時間がかかりミスも生じている

既存の生産管理システムを導入している場合は、現時点での課題を明確にします。

後で「〇〇もしたかったができていない!」ということがないように、現場の具体的な課題をリストアップしましょう。

2.一気に多くの製造現場に導入しようしない

生産管理システムの導入失敗でよくあるのは、「一気に全部の製造現場にシステムを導入しても結果的に効果が出ていない」という例です。

1か所の工場であっても、その全行程に生産管理システムを導入するより、まずは課題のある製造現場1か所か2か所に生産管理システムを導入することをお勧めします

一気に全現場に生産管理システムを導入すると、コストと時間がかかり、現場が混乱しやすいです。また、システム開発会社によっては導入したシステムが在庫管理しかしていないので他の現場で使えない、というような問題も発生します。

ですので、一気に多くの現場に生産管理システムを導入せず、1か所で検証しながら徐々に導入を広めて行くのがベストです。

3.生産管理システム開発会社の実績を確認する

生産管理システム開発会社がどの業界の製造業での納品実績があるかを確認することは大切です。開発会社が、貴社の業界での実績があるかを確認しましょう。

業界によっても求められるシステムは異なります。貴社の業界で実績のあるシステム開発会社に話を聞いてみましょう。

さらに、担当者が貴社の業界に詳しいかどうかも確認してみてください。そうすることで、製造業での生産管理システム導入で失敗することは抑制されます。

上記のような気を付けるポイントは、製造業向け生産管理システム「ネクスタのSmartF」なら簡単に解決できます。以下、ネクスタ「SmartF」について次項で説明いたします。

製造業の生産管理システム「SmartF」とは

ネクスタのSmartF

ネクスタの生産管理システム「SmartF」は、スモールスタートで、低価格で導入可能な、中小から大企業まで使われている製造業向けの生産管理システムです。

日本の導入拠点数は約200か所で、海外でも7か国の工場に導入実績があります。

製造業向けSmartFシステムの概要

製造業の現場で、「棚卸の作業に時間がかかる」「紙ベースの棚表を使用している」「入出庫時の計算ミスが発生している」など、これまでエクセルや手書きで管理することで発生していた手間、ミス、漏れを「SmartF」を導入することで限りなく軽減できます。

SmartFの導入後は、バーコードやスマホで在庫のデータを簡単に収集し、パソコン・タブレット端末の画面で在庫の数値や状況が自動で見える化されます。誰でも簡単に操作できますので、製造業現場の効率化・最適化が進みます。

SmartFの機能一覧

SmartFの生産管理システムの機能(モジュール)は下記があります。

  1. 原価進捗モジュール
  2. 在庫発注モジュール
  3. 生産計画モジュール
  4. 品質管理モジュール
  5. 受注出荷モジュール

1.原価進捗モジュール

原価管理、進捗管理を行う機能です。

  • 製造現場での手書きやエクセル入力をなくしたい
  • 生産計画や納期調整を行い、生産の進捗状況を把握したい
  • 正しい作業実績を記録したい
  • 案件ごとの原価を見える化したい

SmartFを導入すると、ハンディーターミナルや、パソコン(タブレット端末)とバーコードを用いて作業実績を記録し、入力の手間とミスを軽減します。

詳しくは原価管理/進捗管理モジュール(工程進捗と作業集計を手間なく見える化)のページをご覧ください。

2.在庫発注モジュール

在庫管理・部材管理を行う機能です。

  • 在庫管理で手書きやエクセル入力をなくしたい
  • 仕入部材の発注管理や在庫管理ができていない
  • 入荷時や払出時に品目間違いなどのミスが発生している
  • 製品と部材のロットトレースを行いたい

SmartFを導入すると、バーコードで在庫の入出庫を管理するので、入力の手間が軽減し、正しい在庫管理が可能です。また製品ロットと部材ロットの紐づけを記録することで、ロットトレースが容易になります。

詳しくは在庫管理/発注モジュール(製番毎の部材の入荷進捗とエリア管理が可能)のページをご覧ください。

3.生産計画モジュール

生産計画・負荷調整を行う機能です。SmartFを導入することにより、人と設備の負荷の見える化を行い、自動計画と負荷調整を行います。負荷を確認しながら、簡単に日程調整ができます。

詳しくはお問い合わせください。

4.品質管理モジュール

検査管理・トレースを行います。手書きによる検査記録のため、トレーサビリティが大変な場合は、SmartFを導入することで、製造現場でバーコードやタブレット入力により、検査記録を一元管理できます。部材ロット、作業記録、検査記録などを簡単にトレース可能なので、時間短縮が実現できます。

詳しくはお問い合わせください。

5.受注出荷モジュール

受注管理を行う機能です。受注から出荷までの在庫状況や進捗管理、出荷の検品が可能です。

詳しくはお問い合わせください。

製造業の現場に詳しい「ネクスタのSmartF」

SmartFを開発しているネクスタの強みは製造業の現場に詳しいこと。

製造業の現場に詳しくないシステム会社の生産管理システムを、システム開発会社の言いなりで導入してしまうと、結果的に製造現場の課題が解決しなかったり、要望が実現できないといったことが多々起こります。

ネクスタは、製造業の現場に詳しいスタッフが、最適なシステムと運用方法までを提案します。(導入コンサル)。

また、高額なシステムを広範囲の製造現場で一気に導入はせず、クラウドでまずは一つの現場にSmartFを導入して(スモールスタート)、そこで上手く運用できるようにサポートを行い、徐々に導入現場を広げていきます。

まとめ

以上、製造業での生産管理システムをお探しの担当者の方に、製造業の現場でよくある課題・要望、生産管理システムを導入した場合の業種別解決事例、製造業での生産管理システム導入で失敗しないポイント、ネクスタの「SmartF」についてご紹介しました。

製造業での生産管理システム導入については、下記事項が大切です。

  • 製造現場の課題が明確にする
  • 一気に多くの製造業現場に導入しようしない
  • 生産管理システム開発会社の実績を確認する

ネクスタのSmartFは、製造業の現場に詳しいスタッフが、最適なシステムと運用方法までを事前に提案します。

また、広範囲で高額なシステムを一気に導入はせず、クラウドでまずは一つの現場にSmartFを導入して(スモールスタート)、そこで上手く運用できるようにサポートを行い、徐々に導入現場を広げていくように提案します。
生産管理システムの導入をお考えなら、ネクスタの『SmartF』をお試しください。貴社に最適な生産管理システムを提案し、最小限の価格と負担で生産管理システムが構築可能です。まずは、お気軽にご相談ください。