導入の背景

製品の過剰発注/在庫欠品で年間数百万円の損失が発生

紙とExcelを使って在庫管理しているので、入力漏れや入力ミスがなくならず正確な在庫数を把握できていない。

そのため、在庫があるのに過剰発注してしまったり在庫欠品が起こってしまう。過剰発注により使用期限や規格変更後の製品は廃棄する必要があるので年間300万~500万円もの損失が発生してしまう。

導入効果

手間とミスのない入出荷記録で正確な在庫数を把握できるので、過剰発注/在庫欠品がなくなりました

ハンディ端末を用いて手間とミスなく入出荷の記録をでき、その実績データを基幹システムに取り込むだけなので、入力ミス/入力漏れもなくなり正確な在庫数を把握できるようになりました。

そのおかげで過剰発注/在庫欠品がなくなり、購入費用分の支出もなくなり大変喜んでいます。

お客様の声

弊社の要望を理解して頂き、対応の早さ・価格ともに満足しています

5社に見積依頼をした中でネクスタは圧倒的な提案力で対応も早く、納得の金額を提示して頂きました。

また、提案頂いたシステムもシンプルで使いやすく、導入後の運用をイメージすることができました。