導入の背景

1現場あたり5つくらいは紛失があり、年間約100万もの損失が発生している

貸出/返却の紙とExcelの記録で管理がほとんどできていないので、貸出品が在庫としてあるか、どこに貸出しているかがわからなくなっている。

紙への記録を行った場合でもExcelへの入力漏れ/入力ミスが発生しており、貸出管理は全くできていない状態に等しい。

年間平均6~7現場ほどに貸出を行っているが、1現場あたり5つくらいは紛失があり貸出品の紛失が年間で30件~40件ほどあるので、100万くらいの再購入費用が発生している。

導入効果

貸出品の紛失がほとんどなくなり、購入費用を大幅に抑えることができました

バーコードとハンディ端末を用いて手間なく簡単に貸出/返却の記録をとることができるので、何の抵抗もなく貸出記録の徹底をすることできました。

また貸出/返却の記録を徹底できたことにより、貸出品の状態をPCですぐに確認することができるので貸出品の紛失がほとんどなくなり、年間何百万も発生していた購入費用がなくなりました。

お客様の声

弊社の要望を理解して頂き、対応の早さ・価格ともに満足しています

社に見積依頼をした中でネクスタは圧倒的な提案力で対応も早く、納得の金額を提示して頂きました。

また、提案頂いたシステムもシンプルで使いやすく、導入後の運用をイメージすることができました。